ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  内祝い・お返し >  出産祝いのお返し 内祝い

出産祝いのお返し 内祝い

例のランキング>>

出産したらだいたい1ヶ月後位にお宮参りをするのが一般的だと思います。地元の神社の神様に、自分の子どもの顔を見せに行くわけです。だいたいそのころ出産祝いも寄せられることになります。
そして、それ以降に赤ちゃんの名前で「内祝」をして出産祝いのお返しをします。

その際の水引は紅白の蝶結びとします。紅白というのはめでたいというしるしで、蝶結びというのはめでたいことが繰り返されますように、という意味なんだそうです。
昔は色々とマナーがあったようですが最近はかなり柔軟になってきているようでですね。
両親への内祝いをしないケースも増えているようです。
細かいことを気にしすぎて憂鬱になってはいけませんので、気楽に考えるのがいいと思います。

☆お礼状を書く
出産祝いを頂いたら、お礼状をすぐ書きましょう。品物のほうが間に合わないかもしれませんので、お礼状だけは先におくっておくということです。
内祝いなどのお返しをしない場合でも必ずお礼状は出した方がいいです。
これは贈ってくださった方も出産祝いがちゃんと届いたのかどうか心配でしょうから、それを知らせるという意味もありますので。
お礼状の出し方ですが、葉書でもいいのですが封書の方がより丁寧だと思いますし心がこもっているとみられると思います。
電話で直接お礼を言うのもいいと思いますがあくまでもこれは略式の手段なのだそうです。
お返しの品物は、前もって考えておくといいでしょう。出産後は何かと忙しいものですからね。

☆お返しの相場
お返しの金額的な相場を紹介しておきましょう。
・目上の方へ返す場合は頂いたお祝いの金額の1/3~半額程度
・年下の方に返す場合は半分以上
ということになっていますが、貰ったものの金額なんてわかりにくいですからね。
一律にお礼をしても最近はよしとされています。
職場などから連盟でお祝いを頂いた場合は、お菓子など複数入っている物を返すのがいいと思います。

☆お返しとは
昔は、「人の上になるように」との願いや縁起をかついで、傘や布団、毛布などを贈ったそうです。
人の上に差したり掛けたりするものです。人の上に立つというか、人を守るといった意味合いがありそうです。
最近は鰹節やお子様の名前入りのもの、角砂糖などが定番だとされていますが、石鹸、タオルなどの実用的なものも根強い人気があるようです。子供の名前入りのものは、親族以外には贈らないほうがいいと思います。名前が入っているものは扱いに困ってしまうでしょうから。

 <  前の記事 出産祝い 電報・文例  |  トップページ  |  次の記事 出産祝い 祝儀袋と金額  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説