ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  出産祝いの金額 >  出産祝い 祝儀袋と金額

出産祝い 祝儀袋と金額

例のランキング>>

出産祝いにお金を渡す事ってよくあることだと思います。中には現金を渡すなんてと思う人も多いでしょうけど、最近は普通です。
それで困るのが金額ですね。出産祝いの金額。相場の金額っていったいいくらなのでしょうか?
出産祝いはお祝いの気持ちを込めてお金を包むということです。だから気持ちがこもっていれば問題ないものですよね。お祝いなのですから、決まった金額というのはないんです。
でも、出産祝いを渡す相手に失礼の無いように一般的な金額を知っておきたいというのが人情です。

もちろん出産祝いの相場は、相手のお付き合いの度合い、地域などによって変わると思います。
そういう場合は年配の人に尋ねてみたり、
また、他にあげる人と相談をして金額を合わせてみたり、
一人だと辛いなら他の人と合わせて贈ってみたりと、
いろいろな工夫をすることができますのでそれほど悩む必要はありません。

出産祝いは、結婚祝いと違って何回有ってもいいものです。そういう場合は祝儀袋には紅白の蝶結びの水引にします。蝶結びは繰り返しおこってほしいといういみがあるそうですから。そして熨斗(のし)紙を使います。
また、表書きには「御出産御祝」「御安産御祝」と書いてあるものを使うのがいいと思います。
もちろん字に自信があるなら自分で書いたほうがいいでしょうね。そのほうが心がこもりそうです。

以下に出産祝金の相場の額を記述します。
ここでは贈る側の年代を20~30代としています。

☆兄弟・姉妹に贈る場合・・・・10,000円程度
☆友人に贈る場合・・・・・・・5,000円程度
☆親戚に贈る場合・・・・・・・5,000円程度
☆同僚に贈る場合・・・・・・・5,000円程度

お札は、新札を使うようにしましょう。くしゃくしゃのお札だと感じが悪いですからね。
お祝い事ですので、金額は4や9がつかないようにしましょう。
縁起も考えてあげなければなりません。

また、出産祝いを贈る時期ですが、産まれる前に贈るのは避けるべきですね。出産の際に何が起こるかわかりませんから。無事に産まれたと報告を受けてから考えた方がいいと思います。そうしないと思わぬ事態が起きた時にお祝いを贈ってしまうことになり案す。
最近は生後一ヶ月位にお宮参りをして、その前後に内祝いをするというのが一般的になっているみたいなので、それに合わせて生後一ヶ月までに出産祝いを贈るのがいいと思います。

 <  前の記事 出産祝いのお返し 内祝い  |  トップページ  |  次の記事 出産祝いの贈り物 双子の場合  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説