ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  出産祝いの金額 >  出産祝い金とは

出産祝い金とは

例のランキング>>

☆出産祝金
出産祝金というのは少子化対策の一環なのでしょうか、一部の市区町村で行っている制度です。しかし全部の自治体でおこなっているわけではないようです。
子供の誕生を祝福し、健やかなる成長を願うという事を目的としてお金がもらえます。出産祝い金は、赤ちゃんを養育している方に支給されますので、妊娠前に引っ越すというのもありかもしれません。
はじめから出産祝い金制度がある市区町村に住んでいる方は貰わなければ損ですよ。管轄の市区町村の役所に連絡をして確認してみた方がいいと思います。

出産祝い金の金額と言うのは制度を行っている市区町村によって異なるよぷです。
でもだいたい50,000~100,000円ほどだということですから馬鹿になりませんね。地域によっては差が出ているようです。やっぱり出産祝い金をたくさんもらえるところに引っ越したいですね。・・・引越し費用のほうが高くつきそうだな。

また、お勤めの方は会社によって出産祝金制度がある場合もあります。そんな会社はいい会社ですね。もちろんうちの会社にはありません。是非お勤めの会社に確認していただいた方がいいと思います。

また、健康保険組合か国民健康保険に加入している方はさらにお金の援助があります。出産証明書を取得して申請すると出産育児金・出産育児一時金出産育児金がもらえます。
出産育児金(出産育児一時金)とは、現在では大体35万円程なのでこれはかなり大きいですね。付加金が付く場合はさらにもう少しもらえる場合もあります。

妊娠中の定期健診や分娩にかかる費用と言うのは保険が適用されないようになっていますので、その出費に対して支援しましょうというものです。出産時の手当金として健康保険から「出産育児一時金」が支払われると言う事です。

出産育児金取得の資格ですが、国民健康保険加入者、社会保険の被保険者、または被扶養者である場合に限ります。

申請期間ですが、出産後2年以内に申請しましょう。2年ですからかなり余裕がありますが、余裕があるとつい忘れてしまいがちです。2年以上過ぎて申請すると支給金額が減額されてしまいますので注意しましょう。

 <  前の記事 出産祝にベビー服をプレゼント  |  トップページ  |  次の記事 出産祝いのお返し 時期とマナー  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説