ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  礼状・メッセージカード >  出産祝いのお返し 時期とマナー

出産祝いのお返し 時期とマナー

例のランキング>>

出産内祝いと言うのは何のことなのでしょうか。よく内祝い内祝いというやつです。
現在では内祝いというと出産祝いのお返しと思われる方が多くいると思いますが、本来はお返しという意味ではなかったようです。
内祝いとは、子供が生まれたというおめでたいことを皆さんにも一緒に祝って欲しいという気持ちの表れだそうです。幸せのおすそ分けという意味で贈る物ということだそうで、内々にあった慶びごとの対しての気持ちを親しい人や、親族家族、またお世話になった人これからお世話になる人達と分かち合い、感謝すると言う意味でもあるようです。

ただ、現在では意味が変わってきまして、最初にお話したように出産祝いを頂いた方に対してのお返しの意味が強くなっているという感じです。もとは違っていたので、「内祝い」という言葉と、お返しという意味に違和感を感じてしまうのですね。

内祝いのマナーとポイントについて紹介しましょう。
熨斗(のし)にある水引には、出産と言う出来事が何度も繰返したい祝い事という気持ちを込めます。それで、結び方は「蝶結び」を使うのがいいとされています。また、表書きには「内祝」、名前の所には生まれた子供の名前をお披露目の意味を込めて書くと言うのが一般的となっています。

内祝を贈る時期ですが、大体出産後一ヵ月前後位、お宮参りのあたりが一般的なようですね。お宮参りというのは地元の神社の神様に生まれた子供を紹介しに行く行事です。

気になる内祝の目安の金額ですが、出産祝いを頂いた場合は半返しくらいが目安になるようですよ。ただ、いちいちもらったものの値段なんてわからないのが実情です。全部同じものをお返ししてもいいと思います。

また、出産祝いのお返しと言う意味を込めて内祝を贈る場合は、物をおくるだけでなく、気持ちも伝えるといいでしょう。
「頂いたものを使わせていただいています」とか「嬉しいです」とか感謝の気持ちを込めてお礼状を添付するのもいいかと思います。
出産祝いのお礼状の文面には「お返し」とか「返礼」というように「出産祝いを頂いたからお返しします」と言ったような事は書かないで、「喜びの気持ちを一緒に分かち合っていただく」という文面にして感謝の気持ちと喜びの気持ちを表現したような文面にした方がいいそうです。

お礼状の内容ですが、体調や赤ちゃんの様子、育児日記などを書くとよいと思います。
ただ、相手が独身女性の場合は、こちらの幸せな様子を全面に出さずに遠慮がちな文面にした方がいいと思います。

下記にお礼状の構成などをあげますので参考にしてみてください。

1.挨拶
2.お祝いを頂いた場合は、それのお礼
3.こちらの近況報告、また今後のお願いなど
4.一緒に送る内祝いの品について一言
5.挨拶

以上、上記の構成などを参考にしてお礼状を書いて内祝いを贈るようにしてみてくださいね。

 <  前の記事 出産祝い金とは  |  トップページ  |  次の記事 出産祝いのマナー 内祝い  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説