ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  内祝い・お返し >  出産祝いのマナー 内祝い

出産祝いのマナー 内祝い

例のランキング>>

出産祝いを頂いたら、頂いた方に対してお返しをする「お祝い返し」というものがあります。これは「内祝い」と言います。もともとはお返しという意味ではなかった王なのですが、今ではお返しと同様に考えられています。お祝いを贈られた側の人が、出産に関してお世話になった人やこれからお世話になる方に対してお礼の意味をこめて贈ります。
またこれからもよろしくお願いしますという意味もあります。

「内祝い」を贈る時期ですが、大体お宮参りの時期頃です。
お宮参りは生後一ヶ月位ということですから、だいたいそのころまでに返すのが理想的にはよいとされています。
生後一ヶ月というと産後間もないですよね。まだお母さんの体力も完全に回復していないかもしれませんし、初めてのお子さんだと手続きやら育児やらで慣れない生活を送って忙しいものですよね。でも常識的には大体一ヵ月後くらいに返さないといけないそうなんです。
ということで、出産後にあわてないためにも、前もってある程度は内祝いの準備をしておいた方がいいでしょうね。そのほうが余裕を持ってお返しができます。

内祝いに何を贈ったらよいのだろうかと悩むところですね。やはりこれも前もって悩んでおくべきでしょう。贈る品物やギフトなどは事前にチェックしておいて頼むだけにしておいたり、内祝いを贈る人の住所などをリストアップしておいたりしておくと後が楽ですよ。事前に準備などをしておくことで、贈り忘れが無いようにチェックも出来ます。

実際、出産してから内祝いなんて選んでいる余裕なんて無いと思います。
余裕持って品物選びもできると思いますので必ず事前に準備しておく方がいいと思います。

また、あんまり考えたくないですが、内祝いの贈り忘れが万が一あったとしても、誠意を持って必ずお返しという形で贈るようにしてくださいね。忘れちゃったからもういいか・・・というのは避けるべきです。出産祝いを頂いた方に対して内祝いを贈り忘れるのが一番の失礼にあたりますので必ず気をつけるようにしてくださいね。

 <  前の記事 出産祝いのお返し 時期とマナー  |  トップページ  |  次の記事 出産祝いで人気 商品券・ギフト券  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説