ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  出産祝いのマナー >  赤ちゃんのお宮参りのマナー

赤ちゃんのお宮参りのマナー

例のランキング>>

出産祝いはいつ贈るのかといいますと、だいたい赤ちゃんが産まれて大体生後一ヶ月前後位までに贈るのが普通のようです。そして、その頃と言うのは大体お宮参りをやる時期とかさなってきますね。

赤ちゃんのお宮参り?という人もいるはずですので、ここでは赤ちゃんのお宮参りのマナーについてちょっと調べてみました。

赤ちゃんが生まれたら、生まれたことをその土地の守り神に知らせなくてはなりません。神様への顔見世ですね。これ以後守ってくださいということでしょうか。そのために初めてその土地の神様をお参りして、出産を感謝し元気に育つように祈願することを「お宮参り」といいます。

その土地によって、時期は違います。しかしだいたい、男子は生後31日目、女子は生後32日目に行うと言う事になっています。何故そうなっているのかは謎ですが・・・。31日と32日で何か違うのでしょうか。
とはいうものの、赤ちゃんの体調によってはぴったりその日にというわけにもいきませんよね。あまり日にちにはこだわらなくてもいいようですよ。お天気のよい日に行ってもいいと思います。

これはそういう習慣なのだそうですが、赤ちゃんの父方の祖母が赤ちゃんを抱いて、母親がその後に従って神様の下へお参りをするものだそうです。

これはお宮参りをする時の昔からの礼儀作法なのだそうですね。最近では両親だけで済ませたり、両方の祖父母が付いて来たりと形は様々になっています。まあとにかく、敬謙な気持ちがあればいいのでしょうね。

両親としては、有名な神社で行いたいと思うかもしれませんね。ただ、わざわざ遠くに行く必要はないというか、そういうことはしないほうがいいんじゃないかと思います。だって、その土地の守り神のところへ、というのがもともとの考えなのですから。それにあまり遠くまで行っては赤ちゃんが疲れてしまって可愛そうです。無理のないように近場で済ませてもいいと思いますよ。

神社で行うときは予約が必要な場合もあるようです。特に有名な神社だとそうなるでしょう。あらかじめ問い合わせをしておいた方がいいでしょう。

謝礼ですが大体出産祝いと同様の相場で5,000円~10,000円前後といった感じです。

赤ちゃんに着せるお祝い着ですが、最近は和装にこだわらずにベビードレスなどで行うケースも増えてきているみたいですね。
そんなものもってないよ、という場合も、レンタルを利用するケースも増えてきているそうです。

 <  前の記事 出産祝いの時期と表書き  |  トップページ  |  次の記事 出産祝いメッセージ カードの文例  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説