ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  呼吸器の病気 >  赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎

例のランキング>>

赤ちゃんにとってインフルエンザというのは怖い病気です。また、インフルエンザが元で気管支炎を併発してしまうこともあります。

赤ちゃんのインフルエンザの症状の特徴は、急に高熱が出たり、激しく咳をしたりすることです。見ていてとても苦しそうです。
かかりやすい年齢はお母さんの免疫の影響がなくなってくる6箇月以降で、治るまでに時間がかかることも多いです。
季節はもちろん冬ですね。乾燥が感染を加速させます。インフルエンザの原因はウイルスです。

インフルエンザウィルスは非常に感染力が強く、咳やくしゃみなどによる飛沫感染によって広がっていきます。時には接触によってうつることもあります。
また、ウイルスの種類もいくつかに分かれますので、予防接種も何種類かあります。
一冬に何度もかかるということもあります。

かぜに似た症状が強いのですが、症状の危険性は風邪とは比べ物になりません。
インフルエンザにかかると、抵抗力が弱い赤ちゃんは症状が重症化することもあります。
肺炎やインフルエンザ脳症などの命に危険を及ぼすような合併症を起こす危険性もあるので十分気をつけなければなりません。

予防としては、予防接種が有効と言えるでしょう。
もちろん赤ちゃんでも予防接種は受けることができます。
インフルエンザの予防接種は、生後6カ月から受けることができます。

赤ちゃんに感染させないために、赤ちゃんだけでなく、パパもママも一緒に接種しておけば安全性は高まりますね。


さて、インフルエンザによって惹き起こされることもある気管支炎ですが、
急性気管支炎にかかった時の赤ちゃんの症状は、せきと3日以上の発熱です。

かかりやすい赤ちゃんの年齢は6カ月以降で、冬にかかりやすくなります。

原因は、かぜの延長戦で始まることが多く、気管支にウイルス感染します。
原因の大半はインフルエンザウィルスと、それからRSウイルスというものがあります。

肺の近くまで炎症が広がると、細気管支炎になることがあるので気をつけましょう。
食欲がなく、嘔吐を伴うときは脱水症状にならないように、水分補給をしてください。

 <  前の記事 赤ちゃんのぜんそく様気管支炎や肺炎  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんのせき~原因  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説