ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  呼吸器の病気 >  赤ちゃんのぜんそく様気管支炎や肺炎

赤ちゃんのぜんそく様気管支炎や肺炎

例のランキング>>

赤ちゃんのぜんそくは増えているようですね。食生活の変化や環境悪化のせいなのでしょうか。また、喘息に似た症状を見せる気管支炎というのも存在します。

ぜんそく様気管支炎の症状は咳が出るのが特徴なのですが、とくに、たんのからんだ咳が続きます。

かかりやすい年齢は1~2才がおおいようです。季節の変わり目、気温や湿度が急激に変わるころにかかりやすくなります。
かぜが長引いて悪化してしまうと、せきとヒューヒューと言うぜんそくのような呼吸が出ます。

症状を悪化させないためには、アレルゲンとなるようなものを吸い込ませないような注意が必要ですね。ペットの毛やほこりなどを取り除いてお部屋を清潔にしましょう。一度かかると気管支が敏感になるので注意してください。もちろんタバコは厳禁です。たばこは特に毒性が強いですからね。

さらに重篤な症状を見せるものとして細気管支炎があります。
その症状としては、湿ったせきです。呼吸困難になることもあります。
かかりやすい年齢は1才未満の赤ちゃんで、冬にかかりやすいと言えるでしょう。

原因はRSウイルスが気管支の末端に炎症を起こすことです。
かぜかとおもっていたら、症状が悪化、急変して呼吸困難を惹き起こしたりします。
命に関わることもあるので、かぜと診断されても、呼吸が苦しそうになったら、再び病院に連れて行って、受信させる必要があります。

気管支炎がより悪化してしまうと肺炎の恐れが出てきます。
赤ちゃんの肺炎の症状は、かぜが長引いて悪化し、発熱と湿ったせきがでる、というのが特徴です。
かかりやすい年齢は3才までで、冬の季節に起こりやすいので注意してください。

幼い子供の命を守るのは、親の責任です。赤ちゃんは言葉はまだ喋れないかもしれませんが、精一杯自分の状態を伝えようと頑張っています。
泣いたり、ぐずったり、苦しいときはお母さんに何らかのサインを出しているはずです。普段からお子さんをよく観察し、異変に気がついたら、迷わずお医者様に見てもらうようにしてください。

ぜんそくや肺炎はタバコの煙が大敵です。赤ちゃんがいる家では煙草は吸わないというのが理想です。家庭でタバコを吸う人がいるならば、よく換気をし、空気清浄機を用意するなどして、赤ちゃんが居心地のいい環境を作ることも大切です。

 <  前の記事 赤ちゃんの鼻水・鼻づまりとホームケア  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんのインフルエンザと急性気管支炎  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説