ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  呼吸器の病気 >  赤ちゃんの鼻水・鼻づまりとホームケア

赤ちゃんの鼻水・鼻づまりとホームケア

例のランキング>>

赤ちゃんの鼻水や鼻づまりと自宅でできるホームケアを紹介したいと思います。
赤ちゃんは、鼻腔が狭いので鼻水がつまりやすいものです。

鼻づまりだと呼吸だけでなく、ミルクが飲みづらいので、お母さんがこまめに取り除いてあげる必要があります。
鼻がすっきりしないときは、蒸しタオルを鼻の下にあてるといいです。
もちろんタオルが熱すぎると火傷をしてしまいますので気をつけましょう。

赤ちゃんの鼻がつまって指ではなかなか取れないときは、綿棒を使います。
無理に取ると怪我をさせることもありますので優しくしてあげましょう。
綿棒や、こよりで鼻の入口を刺激させることで、くしゃみをさせるのもいいでしょう。
赤ちゃんは動くので、綿棒やこよりが鼻の奥や目に入らないよう気をつけましょう。

赤ちゃんの鼻水が治まらないときは鼻吸い器を使います。
これで鼻の中にたまった鼻水は、きれいに取れます。
鼻吸い器は、急に吸うと赤ちゃんがびっくりしますので、少しずつ加減して吸いましょう。
赤ちゃんの鼻の下はこすりすぎないように注意して下さい。

鼻づまりのホームケアとして、部屋の乾燥を防ぐことと、鼻の下の肌荒れをケアすることも重要ですね。

鼻水は、赤ちゃんの敏感な肌がかぶれる原因になるので、こまめにふき取ります。
柔らかい布やガーゼをぬるま湯でぬらし、優しくふき取ります。その後乾いた布でふきます。

最後に保湿クリームで肌をケアします。乾燥から守ってあげてください。

自宅でできるホームケアを知っておけば、赤ちゃんの鼻が詰まって苦しい状態の時でも、楽にしてあげられますね。

鼻水・鼻づまりがあっても機嫌がよく、よく眠る場合は、様子を見ればよいでしょう。

病院の診察を受けたほうが良い症状としては、
赤ちゃんの呼吸がつらそうだったり、鼻水が緑色や黄色の場合があります。
鼻がつまってなかなか眠れない、おっぱいが飲みにくそう、という場合もお医者さんに相談しましょう。
発熱、せき、呼吸が荒いなどの症状の場合は危険な場合もありますので、時間外でも診察してもらうべきです。

赤ちゃんの鼻水、鼻づまりのもとになる病気として急性鼻炎があります。
かかりやすい年齢は6カ月以降で、冬にかかりやすいと言えます。

空気を乾燥させないことが、予防のために重要です。
空気が乾燥しているとウイルスや細菌が粘膜で繁殖しやすくなってしまいます。

赤ちゃんの副鼻腔炎(蓄膿症)の症状は、黄色く粘り気のある鼻水と鼻づまりです。
かかりやすい年齢は6カ月以降。冬に多くなります。
この副鼻腔炎の原因は、鼻の奥の空洞が細菌感染し、かぜなどの感染症のあとに起こります。
鼻水、鼻づまりだけでなく、頭痛もあります。
抗生物質で治りますが、髄膜炎、中耳炎になることもあるので注意してください。

かぜをひかせないことが1番の予防になりますが、
鼻の中を綺麗に掃除して清潔さを保つことが大切です。

 <  前の記事 赤ちゃんの咳へのホームケア  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんのぜんそく様気管支炎や肺炎  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説