ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  呼吸器の病気 >  赤ちゃんの咳へのホームケア

赤ちゃんの咳へのホームケア

例のランキング>>

赤ちゃんが咳をしたときに自宅でどんなことがしてあげられるのでしょうか。
赤ちゃんのせきへのホームケアについてお話したいと思います。

大人だってそうですが、赤ちゃんもせきが続いてしまうと、食欲が落ちたり、睡眠が浅くなったりします。
まず自宅でできるホームケアは、室内を加湿し、乾燥を防ぐことですね。
これによって赤ちゃんの呼吸を楽にしてあげることができます。

咳をしている赤ちゃんを抱っこする時に、たてに抱いて、背中をトントンと軽く叩いてあげましょう。
これだけでも赤ちゃんは呼吸が楽になります。

赤ちゃんがせきで寝つけない時のホームケアとしては、
上半身の下に座布団などを入れて、寝かせた姿勢から少しだけ背中を起こすようにします。

赤ちゃんの咳が、コンコンと乾いたような咳の場合は、湿度を上げるために洗濯物を室内に干すという方法もあります。
湿度の目安は50~60%と覚えておきましょう。
お湯を張った洗面器を置いたりして湿度を上げることもできます。
室内の空気の状態を良好に保つようにしましょう。
湿度計や加湿器があれば、便利ですね。

一向に赤ちゃんのせきが治まらない時は、水分を補給してください。
水分を補給することで炎症を起こしているのどが楽になります。
脱水症状を防ぐためにも水分補給はまめに行いましょう。

咳をしたときのホームケアを知っておくことで、赤ちゃんを楽にしてあげることができます。
自宅でも慌てずに赤ちゃんのケアができますね。
私たち大人が咳をしたら苦しいように、赤ちゃんも同じく苦しいのです。

特に赤ちゃんの場合はまだ体が小さいですから、そのぶん体にも大きな負担がかかります。
自宅でできることはしてあげるようにし、症状がひどいようでしたら早めにお医者様に見てもらうことをお勧めします。

風邪をこじらせると、さらに大きな病気に発展することも考えられるので、咳を安易に考えず、赤ちゃんの健康管理をしっかりとして欲しいと思います。

 <  前の記事 赤ちゃんの発熱に関わる病気  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの鼻水・鼻づまりとホームケア  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説