ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの病気 >  赤ちゃんの急性中耳炎や突発性発疹

赤ちゃんの急性中耳炎や突発性発疹

例のランキング>>

赤ちゃんによくある病気を挙げてみましょう。

★急性中耳炎

症状としは、軽い熱を伴った風邪が続いて、そのあとに耳の痛み、耳だれなどが見られるようになります。
かかりやすい年齢は6カ月~3才ぐらいまでです。
冬には急性中耳炎になりやすいということです。
原因として考えられることは、最近の感染なのですが、風邪などの時に、細菌が、のどと耳をつないでいる耳管を通って耳の中で炎症を起こし急性中耳炎になります。
赤ちゃんの耳管は、太くて短く、水平になっているようです。
そのためのどからの細菌が入りやすい状態にあります。
お母さんは耳だれが出て初めて病気に気づくことも珍しくありません。
予防や悪化させないためのケアとしては、やはり早期発見早期治療ということになります。
耳だれが出るようになってからではかなり遅いといえます。あまり熱がなくても、鼻水がひどいときは耳鼻科へ連れて行くようにしてください。
また熱が下がらない、耳だれ、耳に手をやって泣くときなどは速やかにお医者様の診察を受けなければなりません。

★尿路感染症

名前のとおり、尿道や膀胱が炎症を起こす病気です。症状としては、突然高熱がでます。そして嘔吐や下痢の症状が見られます。
かかりやすい年齢は、女の子は新生児の赤ちゃんの時、男の子は1才以降となっていて、男女で異なってきます。ちょっと不思議ですね。
季節は関係ないようです。1年を通してかかるので注意してください。
細菌の感染が原因といわれています。尿路(おしっこの通り道)に細菌が侵入し炎症を起こしてしまうわけです。
赤ちゃんの尿が停滞したり、尿が逆流したりすることを繰り返していると、尿路感染症になりやすくなります。細菌が侵入して繁殖しやすくなります。
ではどうやって気づけばいいかといいますと、赤ちゃんのおしっこの回数が増える、おしっこが出るときに痛がるなどに気をつけておきましょう。そんな場合は尿路感染症の疑いが強いでしょう。
尿路感染症は、せきや鼻水はありませんが、38度以上の高熱が出ます。そのとき初めてお母さんが気づくというのがほとんどです。
予防や悪化させないためのケアは、大腸菌などの感染に注意することが大切です。陰部を清潔にするよういつも心がけておくべきですね。
また、再発することがあるので注意しましょう。

★ヘルパンギーナ

聞き慣れない病気かもしれませんが夏風邪の一種です。しかし冬にもみられることもあります。突然の高熱やのどに水疱ができるなどの症状がでます。
かかりやすい年齢は1~3才で、季節は夏にかかりやすくなります。
ヘルパンギーナは感染力が強いので気をつける必要があります。
喉の奥の水疱は痛みを伴いますので、赤ちゃんの食欲が落ちることもあります。
症状は1週間ほどで治ります。
予防や悪化させないためのケアとしては、 おむつ替えのときにはしっかり手洗いをする、ということが挙げられます。これは赤ちゃんから他の兄弟姉妹に感染させないためです。

★突発性発疹

症状としては、お腹を中心に発疹がでるのが目立ちます。生後初めての発熱後に見られることが多いです。
かかりやすい年齢は4カ月以降です。原因はウィルスの感染ですね。
突発性発疹は2回以上かかることもありますので治ったとしても油断はできません。
高熱が続いて、熱が下がると同時に赤い小さな発疹が現れます。
発疹の跡は残らないのでそこは心配する必要はありません。2~3日で自然に消えるでしょう。

初めての発熱は心配なものです。病院で受診することが望ましいと思います。
心配なときはお医者様になんでも質問して聞くようにしましょう。

 <  前の記事 赤ちゃんの嘔吐と病気  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんが発疹した時のホームケア  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説