ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  胃腸の病気 >  赤ちゃんの嘔吐と病気

赤ちゃんの嘔吐と病気

例のランキング>>

赤ちゃんが吐いた時、風邪だけでなくいろいろな病気が考えられます。
赤ちゃんが嘔吐と関連する病気を挙げてみましょう。

★吐乳・溢乳
赤ちゃんが授乳直後にミルクを吐く。特に病気とはいえません。
生まれて2~3カ月頃までの赤ちゃんがよくやります。
ミルクを飲みすぎて吐いたり、空気もいっしょに飲んでしまって嘔吐します。
げっぷと共にミルクを吐く状態は病気ではありません。
予防は、授乳後立て抱きにし、背中をトントンしてあげます。赤ちゃんはミルクを飲んだ後、げっぷをするので、げっぷをした後に寝かせましょう。


★先天性噴門弛緩症
先天性噴門弛緩症では、赤ちゃんは元気なのにミルクなどを吐く、という症状がでます。
生後すぐから症状は現れます。原因は食べ物や飲み物の逆流です。
予防としては、1回の授乳量を減らすくらいしかありません。そのかわり回数を増やして調整します。
それでも体重があまり増えないようであれば病院に連れて行きましょう。


★肥厚性幽門狭窄症
授乳のたびに激しく嘔吐するという症状が見られます。
2~3週間以降の赤ちゃんに多く、胃の内容物が逆流してしまいます。
授乳のたびに、噴水のように激しく吐いてしまいます。
そのため体重が増えず、栄養不良になることもありますので医師の診察を受ける必要があります。

他に嘔吐から考えられる病気は、ウイルス性胃腸炎、腸重積症、脳炎、食中毒などがあります。

赤ちゃんの胃は縦長で胃の上部にある噴門部の筋肉がまだ発達していません。
噴門部の筋肉は食べ物や飲み物の逆流を防ぐ働きをしていますので、大人に比べて吐きやすいということになります。

★こんな嘔吐なら自宅で少し様子を見る。
吐いていない時は元気。
軽い吐き気はあるが、他に変わった様子はなく、機嫌もいい。

★こんな嘔吐なら診察時間に受診させるべき。
赤ちゃんがひんぱんに吐く。ミルクを飲ませた後に勢いよく吐く。吐くことを繰り返す。

★こんな嘔吐なら診察時間外でも受診させるべき。
ぐったりしていて元気がなく、立て続けに吐く。赤ちゃんの顔が青ざめている。

★こんな嘔吐なら急患で病院に連れて行くべき。
赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返す。
高熱や下痢を起こし、激しく吐く。水分がとれない。

赤ちゃんの嘔吐にも様々な症状が見られることがわかります。
そして嘔吐にはいろんな症状が伴うこともあります。
赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処することが肝心です。
どんな症状であっても早めにお医者様に診断してもらうようにしてください。

風邪だけでなく、嘔吐から考えられる様々な病気もあります。
自分で判断してしまうと思わぬ落とし穴があるかもしれません。
赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと感じたら、迷わず病院に行くようにしましょう。

 <  前の記事 赤ちゃんが吐いたときのホームケア  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの急性中耳炎や突発性発疹  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説