ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  胃腸の病気 >  赤ちゃんが吐いたときのホームケア

赤ちゃんが吐いたときのホームケア

例のランキング>>

赤ちゃんが吐いたときに
はどう対処すればいいので主か。
自宅でできるホームケアを覚えておけば、慌てずに済みます。

具合が悪いときの離乳食は、なるべく消化の良いものを選ぶようにしましょう。
また、喉ごしの良いものを食べさせてください。
医師から指示があった場合は、その指示に従うようにしましょう。

例えば、熱があるときの離乳食は小松菜と大根のおかゆなどはどうでしょうか。
下痢のときは、林檎パンのおかゆなどがいいかもしれません。
口内炎のときは、豆腐とオニオンのスープなどがいいでしょう。
吐き気が治まらないうちは無理に食事を与えることもありません。
ただ、脱水症状が出ると怖いですので水分補給を心がけてください。

★赤ちゃんが繰り返して吐きそうなときのホームケア。
こんな時に仰向けになっていると、吐いたものが気管につまる危険があります。
吐き気が治まらない時は、顔を横に向けて寝かせます。
そのために丸めたハンドタオルや、クッションを使って体を固定します。
首がすわっていれば、お座りの姿勢にしてあげると、赤ちゃんも楽でしょう。

★吐いたあとはどうするのか。
吐いたものが口の中に残っていると気持ちが悪いものです。次の吐き気を誘発してしまいます。
ガーゼなどで吐いた後の口を綺麗にふき取ってあげましょう。
もちろん汚れた衣服もすぐに取り替えましょう。
吐いた後は飲み物を必ず飲ませてあげてください。
一度に大量に飲ませると再び吐き気をもよおすことがあります。これでは水分補給になりません。少しずつ、何度も飲ませるといいでしょう。

母乳やミルクは、元気で食欲があり、吐く回数が少なければ大丈夫です。
ただ、ミルクや母乳は意外に胃に負担をかけるものです。
吐き気が強いときは避けたほうがよいでしょう。
代わりに麦茶や白湯、イオン飲料(スポーツドリンク)などを水分補給に飲ませましょう。
お茶はお茶でも緑茶やウーロン茶はカフェインが入っていますので避けたほうがいいでしょう。

症状が治まり、吐く回数が少なくなったらミルクや母乳はいつもどおりに与えて大丈夫です。
心配なときは主治医の先生に相談してみるといいでしょう。

離乳食も、食欲があれば、いつもどおり与えても構いません。
しかし酸味の強いものは食べさせないようにしてください。
これまた吐き気を催すこともありますので。

吐き気が強いときは、水分補給だけにし、離乳食はやめてください。
症状が治まった時は、柔らかめで消化の良いものから食事を始めてください。


赤ちゃんは吐くと水分が失われ、体が危険な状態になることがあります。
嘔吐が激しいときは、十分な水分補給を心がけ、脱水症状が起きないように気をつけなければなりません。

機嫌が良ければ入浴しても問題はありません。
しかし、長時間の入浴は体に負担がかかるので、避けたほうがいいでしょう。
発熱や下痢、嘔吐が激しい時は、入浴を見合わせて下さい。

 <  前の記事 赤ちゃんのせき~原因  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの嘔吐と病気  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説