ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの病気 >  赤ちゃんの発疹と病気

赤ちゃんの発疹と病気

例のランキング>>

赤ちゃんに発疹がでた時はいろいろな原因が考えられますので、いくつか紹介してみたいと思います。
赤ちゃんの肌はデリケートですのでちょっとした刺激でも発疹が現れます。肌がとても敏感なので、湿疹を発見したら、肌のケアだけでなく、熱と湿疹の状態をチェックしましょう。

★こんな発疹の場合は家で様子を見る。
別の症状で病院に行ったときに「いずれ発疹が出る」と前もっていわれている場合。

★こんな発疹の場合は医師の診察を受けるべき。
高熱が続いたあとに発疹がでた。
熱は平熱なのに発疹がある。
口内炎ができている。
以上のような症状は医師に見てもらって下さい。

★こんな発疹の場合は診察時間外でも医師に診てもらう。
舌に赤いプツプツが見られ、熱が5日以上続いている。
目が充血し、ぐったりしている。水分補給ができない。

★こんな発疹の場合は大至急医師に診てもらう。
けいれんが起き、赤ちゃんの意識がもうろうとしている。

どんな状態であっても、まずは医師に診察してもらうことが無難といえます。


★乳児湿疹
この病気の症状は、非常に目立つものです。顔に赤いポツポツが出て、頭にも湿疹が出ます。
かかりやすい年齢は、生後2~3週間から2カ月ぐらいまでのようです。
乳児湿疹の原因ははっきりわかっていません。
赤くポツポツした湿疹ですが、ポツポツのなかに水がたまり、それをかきむしるとジュクジュクになり、その後乾いてカサカサになります。
赤ちゃんが痒がることもあります。
食べ物の汁や、よだれなどでさらに肌に刺激が加わると症状が悪化してしまいます。
ぬらしたガーゼで綺麗にしてあげてください。

★脂漏性湿疹 
この病気は、1~6カ月の赤ちゃんによくみられるようです。
症状としては、頭や額などに、ふけ状の固まりができることです。
赤ちゃんは、新陳代謝が盛んですので、皮脂が固まって湿疹ができやすいようですね。特に皮脂の分泌が多い頭や額などに、湿疹ができます。
時間と共によくなっていくのでそれほど心配は要りません。
黄色いかさぶた状に変化していきます。

皮脂が固まってできた湿疹は、強くこってはいけません。
ベビーオイルなどでふやかしてください。
弱酸性の石けんで優しく洗ってあげるといいですね。


★突発性発疹
この病気の症状は生後初めての発熱の後に出るようです。お腹を中心に湿疹がでます。

★おむつかぶれ
この症状は、おむつの当たる部分にでます。下痢のときなど多くなります。赤ちゃんの肌が荒れる状態ですね。

★皮膚カンジダ症
この症状は、おしりが赤くなり、ただれます。
おむつかぶれと似ています。ちがうところといえば赤い発疹がうみを持ったり、しわの奥までただれたり、周りの皮がむけたりすることです。。

★麻疹
麻疹の症状は、口の中に白い斑点がでることです。せき、鼻水、高熱を伴うこともあります。

★水痘(水ぼうそう)
水痘は、かゆみのある発疹が水疱になりそれが潰れてかさぶたができます。
熱が出ることも多いです。

★手足口病
変な名前ですが、この病気は高熱が出ることもあります。
そして名前の部分、手のひらや足の裏、口の中に発疹がでます。

★あせも
あせもは、最もよく見かける発疹ですね。赤ちゃんは汗かきですから。
汗をかきやすいところに発疹ができ、かゆみがあります。

★アトピー性皮膚炎 
アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種です。
湿疹が顔からはじまり、赤く荒れてかゆみを伴います。

 <  前の記事 赤ちゃんが発疹した時のホームケア  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんが下痢をした時のホームケア  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説