ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの病気 >  赤ちゃんが発疹した時のホームケア

赤ちゃんが発疹した時のホームケア

例のランキング>>

赤ちゃんの発疹を見つけたときはどう対処すればいいのでしょうか。自宅でケアすることができたら、赤ちゃんも楽になりますし、お母さんも安心ですね。
赤ちゃんが発疹した時の対処方法は以下のようになります。。

赤ちゃんの口の中に口内炎ができている時は、当然のことながらものを飲んだり食べたりすると痛みます。離乳食の内容に注意しなければなりません。
湿疹はかきむしって悪化させないように、お母さんが工夫してあげることが大切です。

★赤ちゃんが、かきむしる時のホームケア

赤ちゃんは、かゆみがあると、どうしても湿疹をひっかいてしまいます。かくことによって肌の傷が大きくなり、症状が悪化するので、つめは短くしておきましょう。

赤ちゃんのつめは小さく薄いので普通の爪きりよりも、はさみ型のつめ切りを使うようにして下さい。
爪を切るときは、しっかり押さえ手や指が動かないようになければ、赤ちゃんを怪我させてしまうかもしれません。。赤ちゃんが寝ているときに切るのが安全かもしれませんね。

★口内炎のときの離乳食は

口の中の湿疹は、離乳食があたって痛がったり、口を開くのがつらかったりします。大人でもそうなのですが、食事をするのが一苦労です。
離乳食は、ふだんより柔らかめにし、口あたりや喉越しがいいようにお母さんが工夫して与えるようにしてください。
かんきつ類やお醤油などを含ませると赤ちゃんが大泣きするかもしれません。口内炎がしみることもあるので注意してください。

★あせもができた時のホームケア
赤ちゃんのあせもは、珍しくないものですけど、室温が高すぎたりすると汗が原因であせもが出ます。
汗で症状が悪化するとかゆみが増してしまいます。予防としては、室温を上げすぎないように気をつけて下さい。
ときどき赤ちゃんの肌に触れる必要があります。汗をかいていないかチェックしましょう。背中は汗をかきやすいのですぐにわかるでしょう。

汗をかいていたら着替えをさせ、いつもさらさらの状態にしておくことが大切です。

★脂漏性湿疹の時のホームケア

赤ちゃんの分泌された皮脂がたまると脂漏性湿疹の原因になります。

体だけでなく頭も石けんでまめに洗い流してあげましょう。
清潔にしてあげることが大事です。
石けんが体に残らないようにきちんと流すようにしてくださいね。

★ほっぺがカサカサのときのホームケア

乾燥した空気や冬の寒気は、赤ちゃんのは肌からどんどん水分を奪っていきます。
敏感な赤ちゃんの肌を刺激します。
出かける時などは、無防備な肌のまま、というのは避けましょう。ほおや手足などの外気に触れる箇所に保湿クリームを塗り、赤ちゃんの肌を守ってください。

★はしかや水ぼうそうの時のホームケア

はしかや水ぼうそうにかかった時は、他の赤ちゃんに移る危険性があります。だから他の子供に接しないようにしなければなりません。
また、赤ちゃんの免疫力も落ちているので、他の病気に感染することもあります。外出はしないようにしてください。

 <  前の記事 赤ちゃんの急性中耳炎や突発性発疹  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの発疹と病気  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説