ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの病気 >  赤ちゃんがひきつけを起こした時のホームケア

赤ちゃんがひきつけを起こした時のホームケア

例のランキング>>

赤ちゃんがひきつけを起こした時は本当に狼狽してしまいますが、一体どう対処すればいいのでしょうか。ここではホームケアについて紹介してみます。

突然のけいれんやひきつけが起きたときでも慌てないことが肝心です。
あわてないで赤ちゃんの様子をしっかりと観察することに専念します。
嘔吐している場合は、顔を横に向け、吐いたものが気道をふさがないようにします。刺激を与えないように気をつけて、やさしくそっと体勢を変えましょう。

★赤ちゃんが吐きそうな時にするホームケア

赤ちゃんに吐き気がある時は、気道確保に気を使わなければなりません。
顔を横に向けて吐いたものが喉につまらないように寝かせます。
首の後ろにタオルを入れて、顔を横に向けたり、服のえりもとを緩めたりします。お母さんはすばやく気道を確保してあげましょう。
この時、体を揺さぶったりすると逆効果です。刺激を与えないで下さい。

赤ちゃんが吐いたときは汚れたものを綺麗にしましょう。放っておくと再び吐き気を催します。次の吐き気を誘発させないようにふき取ることが大切です。

けいれんが治まって、吐き気がある程度落ち着いたら、病院に連れて行って受診するようにして下さい。

★けいれんが始まった時のホームケア

熱のひきつけは、5分以内に治まるものです。慌てずに赤ちゃんの様子を観察しましょう。
ひきつけの様子を具体的に医師に説明しなければならないからです。
赤ちゃんの痙攣のほとんどが熱性けいれんなので心配はないでしょう。
熱性けいれんであれば、落ち着いてけいれんの時間を計ります。
この痙攣の時間が病院の診察で参考になります。
また、けいれんが左右対称であるかも観察してください。

治まったときにまひや、意識障害がないかも冷静に見てください。
大声で名前を呼ぶなど、刺激を与えないようにしましょう。


けいれんが治まり、赤ちゃんが落ち着いたら病院に連れて行って診察を受けます。
夜間なら救急車を呼ぶ必要があるでしょう。
症状が深刻なときは後遺症の危険性も高くなるので、急いでください。

もし赤ちゃんが意識を失っていてもそのまま連れて行きます。起こすために体を揺さぶったりするのもいけません。

お母さんは、病院についたら発熱や嘔吐、けいれんの様子などを伝えます。

急なひきつけは、お母さんもびっくりしますが、慌てずに対処することが何より大切です。
お母さん以外に赤ちゃんを助ける人はいないのですから。
落ち着いて行動するようにしてください。
体を揺すったり刺激を与えることは、けいれんを長引かせることもあります。

けいれんしている最中に病院に連れて行くのも、やめましょう。
安静にさせて治まるのを待ち、お母さんも冷静にならなければなりません。
舌をかまないように、ハンカチや割りばしを口にはさんだりすることもしないようにしてくださいね。

 <  前の記事 赤ちゃんの誤飲や窒息  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんのひきつけと病気  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説