ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  胃腸の病気 >  赤ちゃんの誤飲や窒息

赤ちゃんの誤飲や窒息

例のランキング>>

赤ちゃんは好奇心旺盛ですので誤飲もよくおこります。
ときには誤飲のせいで窒息してしまうこともあります。

赤ちゃんは5カ月ごろになるといろいろと関心を示し始め、つかんだものを何でも口に持っていってしまいます。
その頃は、誤飲事故の危険性あるので注意しておかなくてはなりません。
私たちの身の回りにあるものをきちんと整理して、飲み込む可能性があるものは手の届かないところに持って行かなければなりません。
赤ちゃんの行動範囲に合わせ、危険なもの、小さいものは片付けましょう。

また、食べられるものであっても、赤ちゃんは、かんだり飲み込んだりがうまくできません。
のどにものを詰まらせなおように気をつけましょう。
食べものを与えるときは、大きさや固さに十分気をつけるようにしましょう。

★赤ちゃんが、化粧品類、医薬品液状やクリーム状の洗剤などを飲み込んでしまったら

洗剤、漂白剤、シャンプー、お酒、調味料などの液体類は誤飲の危険性が大です。
とくに洗剤や漂白剤を飲み込んでしまったら命の危険もあります。
赤ちゃんの手が届かない場所に保管するようにします。
シンク下の収納扉はロックして、赤ちゃんが触れないようにしておきましょう。
また、きれいな色やいい香りの化粧品類も危険なので、手の届かない場所においておきましょう。。

医薬品の錠剤やカプセル、シロップ類などの誤飲も多いです。
油断なく、きちんと片付けて保管しておきましょう。

★ふとんやひも類の誤飲や窒息

1才未満の赤ちゃんは、まさかと思うもので窒息してしまうことがあります。
フカフカのふとんに顔が沈み、顔をおおって窒息したり、ひもが首に巻きついて窒息する事故が珍しくないんです。
ベッドまわりの安全は常にチェックする必要があります。布団をかぶらないようにいつも気をるけておかなければなりませんし、衣類についている、ひも類ははずしたほうがいいでしょう

たばこは、赤ちゃんの誤飲でダントツ1位になっています。
なぜなら、赤ちゃんだってお父さんやお母さんのやることをしっかりみています。お父さんやお母さんが煙草を口に持っていっていると赤ちゃんはどう思うか・・・大人が口にしているものは食べられるものと思い、口に入れてしまうのです。
赤ちゃんの前でたばこを吸わないこと、これは当たり前の話ですよね。煙自体有害ですから。
そして灰皿やライターを置く場所も、赤ちゃんの居る部屋の中には置かないようにしてください。
赤ちゃんの健康にも、タバコの煙はよくありません。
また、たばこの成分が溶け出した浸出液は、より危険です。
これを飲み込めば大人だって命の危険に曝されます。
空き缶を灰皿代わりに使ったりしないように、普段から心がけてください。

★小さな物の誤飲

ブロック、クレヨン、シール、おもちゃの部品などは、子供がよく触れるものでもありますので、誤飲の可能性が大きいです。普段から綺麗に掃除して赤ちゃんの身の回りは、綺麗にしておきましょう。

 <  前の記事 赤ちゃんの下痢と病気  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんがひきつけを起こした時のホームケア  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説