ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  胃腸の病気 >  赤ちゃんが誤飲した時の対処

赤ちゃんが誤飲した時の対処

例のランキング>>

赤ちゃんが異物を誤飲してしまったときは親としても慌ててしまうことでしょう。
周りに居る大人はどのように対処すればいいのでしょうか。

赤ちゃんの顔色が悪く、息苦しそうな時は、放っておくと気を失ってしまうかもしれません。
気管に異物が詰まっている可能性もあります。

★吐かせてはいけないものを飲み込んでしまった時の対処法

先のとがった画びょうやピアスなどを飲み込んだときは、すぐにでも吐かせたくなりますけど、無理に吐かせてはいけません。
トイレ用洗剤などの強い酸性のものや、灯油、シンナーなどの石油製品、入れ歯洗浄剤なども吐かせるべきではありません。
これらは吐かせたことで、肺や食道を傷つける危険性があります。そのまま大至急病院へ行くようにしてください。

赤ちゃんの誤飲はいつ何を、どれくらい飲んだかで、対処の仕方が変わってきます。
何かを飲み込んでしまったらまずは口の中を確認します。口に残っているか、飲み込んでしまったかをみるのですね。
顔色や、機嫌が悪くないかも見てください。

もし誤飲した物が口の中に残っていたら、指をそっと差し入れて、口の手前に残っている異物を取り除きます。そうやって口の中にある残っているものを取り除いてください。
口の奥に誤飲した物がある場合は気をつけなければなりません。無理にかき出さないほうがいいかもしれません。
逆に指で奥に押し込んでしまう可能性が高いので危険です。

飲み込んでしまっていたら、なるべく早く吐き出させなければなりません。
まずは吐かせても大丈夫な物なのかを確認します。
大丈夫なものであれば、なるべく早く吐き出させます。

吐かせるときは赤ちゃんの両ほほを指ではさみます。
口を大きく開かせたら、舌の付け根を指で強く押します。これで吐き出してくれたらラッキーです。しかし、うまく吐き出せなかったりすることもあります。
吐き出せなかった場合はもちろんのこと、吐き出したとしても、その後様子がおかしいときにはすぐに病院に行くようにしてください。

また、誤飲した物がのどに詰まっていたら、赤ちゃんの背中を強くたたいてください。

大人が立てひざになり、頭が胸よりも低い位置になるように太ももの上に赤ちゃんをうつぶせにします。

肩甲骨と肩甲骨の間を平手で強くたたいてください。
強くといっても骨折するほど叩かないように気をつけましょう。
4~5回たたくことで異物を吐き出させることができるでしょう。

 <  前の記事 赤ちゃんの事故~目や耳や鼻  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの泣きかた  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説