ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの怪我 >  赤ちゃんの事故~目や耳や鼻

赤ちゃんの事故~目や耳や鼻

例のランキング>>

赤ちゃんの目や耳や鼻。いろんなものを突っ込んでしまったりして、結構事故が起こつものです。ここではそんな事故についてお話したいと思います。

赤ちゃんは10カ月ごろから小さなものを器用につまめるようになります。
器用になるのは結構なことなのですが、どうじにいろんな危険も増えます。
データによると、その時期に目や耳、鼻に異物を詰める事故が急に増えてくるようです。
大人は赤ちゃんからの行動に常に気を配っておかなければなりません。。

おもちゃのピストルの弾が落ちていれば、赤ちゃんの好奇心をひきつけてしまいます。
飲み込むかもしれませんし、鼻や耳に入れてしまうかもしれません。
ビーズやボタン、紙切れ、豆類、などの小さなものには注意してください。

赤ちゃんの目や耳や鼻に入った異物が取り出せないという場合は、お母さんが慌てて取り出そうとすると、逆効果になることが多いです。
奥まで押し込んでしまったり、粘膜を傷つけたりしてしまいます。
耳に入った異物を取り出そうとして子供の耳に掃除機を押し当て、鼓膜を破ってしまったお母さんもいます。
異物を確かめて簡単に取れそうでなければ、すぐに病院へ連れて行ってください。
苦しそうな音を立てながら息をしていたら、 異物が鼻の奥まで入り込んでいるかもしれません。呼吸困難や窒息の危険があります。

たとえ上手く取れたと思っても安心できません。痛がっていたり、取ったあとでも泣いていたりしたら病院につれていったほうがよいでしょう。

★赤ちゃんの目に異物が入った場合

まず赤ちゃんの目に何が入ったのか確認します。

ゴミが入った場合は、確認してみて取れそうなものであれば、水を含ませた綿棒やガーゼ、こよりなどで優しくふきとります。
水を使って洗い流すこともできます。頭を少し高くした状態で寝かせ、コップに入れた水で洗い流してもいいでしょう。この場合は少しずつ洗い流してくださいね。
しかし危険な液体などが目に入った場合は、洗い流しただけでは安心できません。
赤ちゃんの目に洗剤や薬品が入ったときは、すぐに大量の水で洗い流します。
後遺症が残る危険があるので、急いで眼科へ行くようにしてください。
また、取ったあと真っ赤に充血していたり、いたがっているような場合も、眼科で受診するようにしてください。

★赤ちゃんの耳に異物が入った場合

虫が入ったときは、オリーブ油やベビーオイルやなどを数滴耳にたらします。
綿棒などで無理に取り出そうとすると鼓膜を傷つけてしまったり、逆に押し込んでしまうこともあります。虫を殺したら耳鼻科へ行くようにしてください。

★赤ちゃんの鼻に異物が入った場合

鼻の入り口に異物がある場合は、もう片方の鼻を指でおさえて下さい。
まずは息の力で出すことができないか試します。息を「フンッ」と吐かせたり、こよりで鼻孔を刺激して、くしゃみを出させてください。
ピンセット類は赤ちゃんの粘膜を傷つける恐れがあります。

心配な時は耳鼻科へ行くようにしてください。

 <  前の記事 赤ちゃんの転倒や転落について  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんが誤飲した時の対処  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説