ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの怪我 >  赤ちゃんの転倒や転落について

赤ちゃんの転倒や転落について

例のランキング>>

赤ちゃんの転倒や転落は、大人と違って首が弱いですし頭も相対的に重いですから、命にかかわる危険な事故に発展することもあります。

落ちる事故は、赤ちゃんの頃に多くなっています。
赤ちゃんが自力で動き始めて間もないころは、ベビーベッドやベビーカーから転落するケースが多く見られます。
しかし、赤ちゃんの行動範囲が広がると、危険も広がっていきます。
いすの上、階段、ベランダの柵など、どんどん危険度が高くなり、命に関わる事故に発展します。
かといって赤ちゃんを縛り付けることもできませんので、危険がないような工夫をす必要がありますね。

赤ちゃんはあの体格を見てのとおり、体に比べて頭が大きくて重いのです。だから転びやすいのですが、それに加えてまだ足腰も弱く、バランス感覚も十分に発達していません。

事故が起きないよう注意しなければなりません。
ベランダなどの危険なところには近づけないように柵を作ったり、
転んだりしたときに家具の角やガラスにぶつけないようにクッションを設けるなど、
部屋の中の安全対策をしっかりとしてください。

★高いところ
玄関のたたき、階段、ファ、ベビーベッド、ベビーカー、ベランダ、自転車の補助いす、出窓、ソすべり台、ブランコなど。
赤ちゃんから見た高い所は私達の身近ないたるところに存在します。
それで、赤ちゃんの転落事故があとを絶ちません。

はいはいができるようになったら、危ない箇所にはゲートをつけましょう。

自転車の補助いすやベビーカーは、赤ちゃんが身を乗り出して頭から転倒する事故が起きます。
自転車の補助いすやベビーカーであっても乗せたら必ずシートベルトが必要です。
そして、赤ちゃんから目を離さないように大人が守らなければなりません。

ベランダがある自宅は、ベランダに出ないように工夫をしておきます。
また、赤ちゃんがつかまり立ちをする頃になったら、ひとりで起きたときにベビーベッドから転落しないように、ふとんに寝させたほうがよいでしょう。


★すべりやすいところ

これは赤ちゃんだけでなく大人、とくにお年寄りも危ないところですね。お風呂場の床や、キッチンの水はねなどです。
赤ちゃんにとって滑る場所はたくさんあります。
すべりにくい浴室用タイル、すべり止め用シートなどを利用するとよいでしょう。
また、濡れた場所はすぐに拭いてしまってください。
赤ちゃんが転ばないように普段から工夫することが大切です。

床の上の新聞紙やビニール袋もの注意してください。これも結構滑りますし、頭からかぶって窒息ということもありえます。

電気コードは足にひっかけたり、つまずいたりする原因になります。
裾をひきずるようなズボンを着せるのも、踏んづけて転んでしまう元です。
危険が大きいのでやめましょう。

赤ちゃんがおはしや歯ブラシなどを口に入れている時、転倒するととても危険です。のどに刺さってしまう事故もたまにあります。脳まで達して命を落とした例もあります。
赤ちゃんから目を離さないようにして下さい。


★段差のあるところ

赤ちゃんはわずかの段差でも転んでしまいます。カーペットの段差にも足を引っ掛けることがあります。テープを張ったりして事故が起こらないようにしてください。暖房はホットカーペットより床暖房のほうがよさそうです。

赤ちゃんが転倒や転落した時、以下の症状であれば至急病院で診察を受けるべきです。

赤ちゃんがぐったりしている。 赤ちゃんの意識がない。
反応が鈍くボンヤリしている。
すぐ眠りそうになったり、けいれんを起こしたりする。
嘔吐する。
打ったところに触れると泣いて痛がる。
赤ちゃんのおしっこから血尿が出た。

 <  前の記事 赤ちゃんが頭やお腹を打った時の対処法  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの事故~目や耳や鼻  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説