ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの怪我 >  赤ちゃんのやけど

赤ちゃんのやけど

例のランキング>>

赤ちゃんは、6カ月を過ぎると自分で動けるようになり、親としては子供の成長に感動するところでもありますが、しかし同時に危険も増えてしまいます。

行動範囲が広がるとやはり、熱を持ったものに近づいたり触れたりする機会もでてきますので、やけどの事故は急増します。
やけどの事故の9割は家庭内で起きています。ということで、家の中で火傷のもとになるようなものには前もって手を打っておかなくてはなりません。
私たちが赤ちゃんをきちんと見ていなければならないのですね。

赤ちゃんはおそらく、熱いということがわかりません。
いろいろな物を無防備にさわります。触ってしまって火傷してやっと学ぶのかもしれませんが・・・。
熱いものや、電気器具の置き場所には十分注意してあげたほうがよいでしょう。身を持って熱いのがわかったというのではかわいそうですから、やけどをさせない環境を作ることが大切です。

★湯や蒸気に手をかざすだけで、やけどをします。

炊飯器や、電気ポット、やかんから出る蒸気をのぞき込んだりすることもありますが、赤ちゃんの運動能力では熱くてもすばやく顔を引っ込めたりできないのですね。
それで、顔や手にやけどを負うことがあります。とくに目に入ったりすると大変です。
熱い物を、すぐに覗き込めるような床に近い場所に置くことはやめましょう。炊きたてのご飯やお茶の湯気でも赤ちゃんはやけどすることがあります。

★熱いものに直接触れてやけどをします。

暑いものはいたるところにあります。
暖房器具(石油ストーブ)、アイロン、ドライヤー、ホットプレートなどは大変危険ですね。
みそ汁やカップめんをひっくり返して体に浴びることもあります。液体の場合は体の広範囲を火傷してしまいやすいです。
冬の時期はストーブやファンヒーターにガードをつけておくとよいでしょう。
そうして、赤ちゃんが近寄れないようにしてください。

赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚に比べて、薄くて弱いので、熱にもずっと弱いです。
すぐに水ぶくれを作ってしまいます。
調理中は油がはねたりしてもやけどしてしまいます。
キッチンに赤ちゃんを入れないようにしてください。

赤ちゃんのやけどは、軽いやけどでも皮膚が薄い分どんどん進行します。十分に冷やすようにしてください。
軽いやけどであれば、流水で20分以上冷やします。5分程度で冷やすことをやめないようにしてください。またきれいな水で冷やすようにしましょう。

直接水をかけられない顔などのやけどは、ぬれタオルを利用します。
小まめに変えて冷やし続けるようにしてください。

鼻、口、頭、目、手や足の指全体、陰部、関節、肛門部などのやけどや、500円玉以上の大きさのやけどの時はすぐに病院に連れて行くようにしてください。

 <  前の記事 赤ちゃんのひきつけと病気  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんが頭やお腹を打った時の対処法  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説