ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの怪我 >  赤ちゃんの頭の怪我

赤ちゃんの頭の怪我

例のランキング>>

頭に怪我をするというのは大人だって相当心配になるものです。
赤ちゃんだとなおさらですが、赤ちゃんが頭に怪我をしたとき、私たちはどう対処すればいいのでしょうか。

赤ちゃんが頭に怪我をし、出血量が多くてもあわてずに処置をします。

頭やおでこの怪我はとくに出血が多くなる部分ですので、親としては非常に慌ててしまいます。
傷がそれほど深くなくても、出血してしまうのです。
しかしここは落ち着いて対処しましょう。
清潔なタオルなどで血が止まるまで、しっかり傷口をおさえて止血します。
かすり傷よりも大きい怪我の場合は縫合しなくてはならないかもしれません。
外科へ行くようにしてください。

汚れたガラス、片やさびた金属など、汚いもので切った場合はすぐに病院に連れて行きます。化膿する恐れもありますし、傷の中に異物が残る恐れもあります。家で消毒するだけでは不十分かもしれませんから。

出血が多く血が止まらない時や傷口が深く大きい場合、傷口に異物が入り取れない時、治りが悪く膿んできている時は急いでに病院に連れて行きましょう。
すぐに受診するようにしてください。

唇や口の中の怪我は、可能ならば口をすすぐなどさせて、しっかりと汚れを取り除いてから止血をしてください。
舌からの出血は、舌をガーゼで左右から圧迫してください。
唇からの出血は、ガーゼなどで唇をつまみ止血します。

口の中や歯ぐきの怪我は、清浄綿やぬらしたガーゼで、口の中を綺麗にします。
うがいができる年齢であれば、うがいをさせてきれいにします。
その後、出血がひどいようなら、出血している部分をガーゼやタオルなどでしっかりおさえ、
歯科か口腔外科への診察を受けてください。

赤ちゃんや子どもの事故は、顔面をぶつけた時に歯や口のけがをすることが多いようです。
とても痛そうですが衝撃で歯がぐらぐらになったりします。
乳歯だから大丈夫・・・ではなく、すぐに歯科医院へ連れて行き、診察してもらったほうがよいでしょう。

赤ちゃんが頭に怪我をし、出血したら、大人の誰もが動揺してしまうと思います。だって赤ちゃんが頭から血を流してるんですからね。
しかしそんなときでも親なら慌てずに対処しなければなりません。
傷が深いときは、救急車を呼んでください。怪我をさせないように大人がきちんと赤ちゃんを見てあげるのが1番の安全策といえるでしょう。

 <  前の記事 赤ちゃんの熱中症とその対処  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの体温調節  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説