ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの生態 >  赤ちゃんの五感の発達

赤ちゃんの五感の発達

例のランキング>>

赤ちゃんから見た私たちはどのように映っているのでしょうか。
赤ちゃんは世界をどんなふうに感じているのでしょうか。
ここでは赤ちゃんの五感についてお話したいと思います。

★赤ちゃんの視覚。
人間にとって視覚というのはもっともたくさんの情報をもたらしてくれる感覚だと言いますが、赤ちゃんの場合はどうなのでしょう。
赤ちゃんはお腹の中に居る時に、子宮内に届くほんのわずかな光に反応するそうです。
そして、生まれた時の視力は0.1くらいと言われています。0.1というと現在の私と同じ視力です・・・。
抱っこしてくれている人の顔は間近ですから見えているそうですね。もっとも赤ちゃんに聞いたわけではありませんが。
赤ちゃんは、母親と他の人の顔の区別はできるそうです。
どうやってしているのかは知りませんけど。
母親ではない人に生まれてからずっと抱っこされていたら、その人を母親と思ってしまうんじゃないでしょうか・・・。
赤ちゃんは、明るい鮮やかな色に関心がおありのようです。やはり目立つのでしょうね。
色合いのはっきりしたおもちゃなどは、目で追うこともあります。

★赤ちゃんの聴覚。
新生児期の赤ちゃんでも、高く響く音に興味を示します。お腹の中でもいろんな音が聞こえていたはずですからね。さまざまな音をはっきり聞き分けています。
みなさんが赤ちゃんをあやす時は、自然に声のトーンが高くなりますね。
赤ちゃんの声の高さに近づけるほど、赤ちゃんは安心するようです。
人間はそのことを本能的に知っているからと考えられています。
また、子宮内で聞こえていた音にも安らぎを感じ、ママの声は、赤ちゃんに落ち着きを与えてくれます。ママがやさしく語りかけてあげる声は、赤ちゃんがいちばん安らぐでしょう。

テレビのサンドストーム、「ザーッ」っていうやつですが、赤ちゃんはあれをみても落ち着くようです。なんでも、お母さんのお腹の中にいるときにはあれに似た音が聞こえているのだそうで。

★赤ちゃんの嗅覚。
赤ちゃんにとって母乳とはとても大切な食事になります。
そのため、母乳のにおいをかぎ分けることができます。動物までとは言いませんが、赤ちゃんの嗅覚は大人以上に優れていると言えるでしょう。
自分のお母さんの母乳と他のお母さんの母乳の違いがわかるそうですね。
違いのわかるやつです。
好きな匂いや、嫌な臭いにも敏感で、鼻をつくようなにおいの時は、顔をしかめたりします。

★赤ちゃんの味覚。
赤ちゃんの味覚、大したことないだろうと思ってしまいますが、意外に優れています。
赤ちゃんはいつも飲んでいる母乳の味がすぐにわかります。
味でも他のお母さんの母乳と区別することができると言われています。
慣れ親しんだ粉ミルクを変えると、あまり飲まなくなってしまったりすることも。

まあさすがに味を区別するといってもミルクがせいぜいですけどね。

赤ちゃんは甘い味が大好きで、辛い味や、すっぱい味は苦手のようです。

★赤ちゃんの触覚。
赤ちゃんは周囲の温度の変化をしっかり感じています。
ママの乳首周辺は体温が高いため、温度を感じ取りながら、乳首を探し当てています。
しかし赤ちゃんは自分で体温を調節することが難しいので、衣類や布団など、室温の調整をして体温を保ってあげましょう。

もちろん、ママの肌に触れていることもわかります。
赤ちゃんはママとのスキンシップが大好きで、とても安心するのです。
小さい時にしっかりとスキンシップをしてあげると、精神的に安定した人間に育つといわれています。
優しく抱きしめてあげてくださいね。

 <  前の記事 赤ちゃんの泣きかた  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの熱中症とその対処  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説