ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの生態 >  赤ちゃんの泣きかた

赤ちゃんの泣きかた

例のランキング>>

産まれたばかりの赤ちゃんは喋るわけにはいきませんし、喋られたら怖いです。
ということで、泣くことで自分の意思表示をします。
この時期の赤ちゃんは、泣いておっぱいを飲んで眠るのが毎日の仕事です。

なぜ赤ちゃんが泣くのかと言うと、生理的なことが原因になっています。
生後1~2ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、不満解消してほしくて泣きます。
お腹がすいた、暑い、寒い、おむつがぬれた等でお母さんに意思表示をしています。

やがて抱っこしてほしい時や、甘えたい時に泣いて気持ちを伝えるようになります。
ちょっと人間関係ができてきましたね。

毎日赤ちゃんと一緒に居ても、泣いている理由がわからないこともあるでしょう。
あれもしてあげたこれもしてあげた、なのに泣いている、ということもよくあります。
そんな時は、「どうしたの?」と優しく声をかけてあげたりしてください。
赤ちゃんを抱いて気持ちを受け止めてあげると泣き止むこともあります。
「抱きぐせ」がつくと言う言葉をよく耳にしますが、気にすることはありません。
抱っこしてあげられる期間は短いものです。だからたくさん抱っこしてあげていいのです。
抱き癖は気にせずに抱いてあげられる時は抱っこしてあげてください。
そのうち自分から断るようになってきますから・・・。

赤ちゃんの泣きかたにはそれぞれ個性があります。
よく泣く赤ちゃんと、そうでない赤ちゃんがいます。
これは生まれつきで、なけばいいとかなかないほうがいいとかはありません。
泣く、泣かないは関係なく、赤ちゃんを放っておくことは絶対にしないで下さいね

★泣きかたを見分ける目安として

◎お腹が空いている時
激しく泣いたり、穏やかになったりを繰り返すようですね。
そんな泣き方をしているときが「おなかすいた~~」です。
穏やかになった後に、赤ちゃんの口に触れる物を吸うようならお腹が空いています。
◎眠いとき
赤ちゃんは布団やママの服などに顔をこすりつけます。かわいいです。
ちょっとぐずることもあります。

◎痛いとき
痛いときは激しく泣きます。この場合はもちろん、おっぱいを飲ませても泣き止みません。
どこが痛いのか慎重に見てください。
おなかが痛いときは、赤ちゃんの両足が縮まります。

◎不安、不快なとき
思い出したよう泣くことがあります。
おむつが汚れていないか、体が虫に刺されていないかなど、赤ちゃんを裸にして見てあげてください。異常がないときは、不安になったり、驚いたりしたのかもしれません。
お母さんがしっかり抱っこしてあげてると落ち着くかもしれません。

 <  前の記事 赤ちゃんが誤飲した時の対処  |  トップページ  |  次の記事 赤ちゃんの五感の発達  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説