ベビー用品ランキング>>

出産祝い・内祝いランキング>>

Top >  赤ちゃんの生態 >  赤ちゃんの体温調節

赤ちゃんの体温調節

例のランキング>>

赤ちゃんというと体温が高めな感じですけど、体温調節はうまくいっているのでしょうか。

ママのおなかの中に居るときの赤ちゃんはもっとも心地よい状態なのですが、このとき37度くらいの温度の羊水に包まれています。
しかし生まれた途端、過酷な運命に曝されます。乾燥した温度差の激しい世界に放り出されるわけですからね。泣きたくもなります。
赤ちゃんは体温の調節機能がまだ十分に発達していません。
そのため、生まれてすぐの時の室温は25~26度の新生児室で保温してあげなくてはいけません。25~26度というとずいぶん高いようですが、そうやって体温調節してあげるわけです。

また、赤ちゃんは当たり前ですが新陳代謝が盛んです。そのエネルギーの消費量は、体重キログラムで比べてみると、おとなよりはるかに多いのです。なんと大人の約2.5倍。
ということで、体温は大人より高めで、汗もかきやすくなります。
それで平熱は大人よりも少し高く、目安は37度くらいです。
これは季節によって少し変わります。
赤ちゃんは、体温調節機能が未熟なため温度の影響を受けやすいです。
だから、風邪をひかないように、着る肌着など季節によって組み合わせを変えてあげましょう。

新生児の赤ちゃんはよく眠りますよね。
私たちのように昼夜を区別せずに、1日の多くの時間を寝て過ごします。
それはそうでしょうね。最近までお母さんのお腹の中で眠っていたわけですから。
お腹の中に昼も夜もなかったでしょうからね。
そんな赤ちゃんにとって、環境はとても重要です。赤ちゃんの快適性と安全を意識した部屋を作ってあげなくてはなりません。
加湿器や、部屋の温度を一定に保てる暖房器具などがあると、とても便利です。
赤ちゃんの体温調節のためにも、部屋の温度や湿度には注意してあげましょう。

安らげるオルゴールの音楽や、肌触りのいい布団なども用意してあげましょう。

赤ちゃんのお世話はとても大変です。
しかしこのお世話ができるのは今だけです。成長したらこの時間は元に戻せないのです。
たくさんの愛で赤ちゃんを包んであげて欲しいと思います。

 <  前の記事 赤ちゃんの頭の怪我  |  トップページ  |  次の記事 海はいいなぁ  > 


  • プライバシーポリシー
  • 出産祝い解説